オンライン工場視察の活用法

一般向け工場視察LIVEで何を見せるべきか?

工場視察LIVEで何を見せるかは、「誰が」見るかによって異なります。ある程度相手のニーズが見えている場合は、何を見せるかは明確です。ですので、今回は「一般向けに工場視察LIVEを行ったときに、何を見せるべきか」を考えます。

社会科見学との違い

工場見学、工場視察というと、なんとなく子どもたちがお菓子メーカーや飛行場の裏側を見学するような「普段、見ることができない舞台裏を見る」という印象があるかと思います。

社会科見学として知識を増やしたり世の中への興味を増すという意味では良いですが、私達の目的は、商談につなげるための工場視察です。社会科見学のように「この部品がどう作られているのか」といった舞台裏を見せるわけではない、というところを区別する必要があります。

目的は「強みを見せ、視聴者に強い印象を残す」こと

工場視察LIVEで見せる必要があるのは、御社の強み(特長、他社との違い)です。そして視聴者に、その分野で強い印象を残すこと。これが一般向けに工場視察LIVEを行う目的です。「強み」は、多くは「差別化」「コスト」「集中」から作られているでしょう。

差別化

他社との違いを作ることで強みとします。他社では行っていないサイズや素材の加工を行ったりします。

コスト

他社より安価に生産できる仕組みを作ることで強みを作ります。海外で生産できる拠点を持つなどです。

集中

特定の顧客ニーズを満たすことに集中することで強みを作ります。高精度な加工が必要な医療業界に集中するなどです。

強みをWebサイトに表現することは、おそらくどの製造業でも行っていると思います。短納期、小ロット、加工サイズ、加工精度、対応業種の実績など…。しかし、どうやってそれを実現しているのかについては、オープンなWebサイトという場では、なかなか書けないでしょう。それをライブでアピールし、「強みを実現できている理由」をプレゼンできる機会が工場視察LIVEです。

強みは何から構成されているのか?

強みを表現するためには、「何が強みを作っているのか」を分解して考えることが助けになります。強みを構成する要素として、技術要因と、マネジメント要因を考えてみます。

例として、武藤工業さまの「熱処理を短納期で対応する」という強みについて考えてみましょう。

技術要因

技術要因というのは、人の技術や設備の能力が、強みを作り出している要因です。

●武藤工業さまでは、営業の方も熱処理の技能士資格を保有しています。品物を引き取りにいく営業さんがその場で顧客と課題を話し合ったり、熱処理条件などを詰めることができます。→短納期に貢献

●熱処理というのは、処理時間が必要です。短納期で対応するために、新しく来た案件を次々処理しないといけませんが、前の品物が熱処理中であれば、それが終わるのを待たなければいけません。そこで小型炉を複数設備し、小回りよく熱処理を行っています。→短納期に貢献

マネジメント要因

マネジメント要因は、その管理体制が強みを作り出している要因です。

●独自のトレサビリティシステムを構築。見積書、顧客からの条件、熱処理の各工程での進捗状況や納期などを各人がスマートフォンから確認できます。品物の品質・納期管理を容易にしています。→短納期に貢献

技術要因、マネジメント要因を分解していくと、工場視察LIVEで何を見せ、何を説明しないといけないかが、見えてきます。

上記のケースでは、

●営業担当者が全員熱処理技能士であること、打ち合わせの段階から技術的課題にアドバイスを行えることで短納期が実現できること。

●設備を見せながら、小型炉を複数設備することで短納期に対応していること。

●トレサビリティシステムを「ちらっと」見せながら、全て一元管理されていることで、品質・納期管理を行っていること。

などを説明する必要があります。

このように、自社の強みを強み足らしめていることを、工場視察LIVEという機会を使ってプレゼンテーションすることが、一般向け工場視察LIVEの目的です。そのためには強みを技術要因とマネジメント要因に分解してみて、「何を伝えないといけないか」を棚卸ししてみましょう。