体験会

アルミ試作加工の(株)ナラハラオートテクニカル様 体験会開催しました

八王子でアルミの試作加工、ブレッドボードの製作、オリジナルブランド「NA Design」などを展開する株式会社ナラハラオート様の工場視察LIVE 体験会を実施いたしました。体験会とは、実際に顧客向けにオンライン工場見学を行う前の練習会という位置づけで、セミナーに参加された企業+ご興味のある支援機関さまなどにご参加いただいています。

アルミ加工のナラハラオート

企業プレゼンからはじめ、設計室で新規に制作中の自社商品を紹介いただきました。その後、工場内でマシニングセンタなどをご説明いただきながら当社の加工分野についてお聞きし、三次元測定機など検査についてもお聞きしました。

マシニングセンタ

体験会では、東京の企業限定にはなってしまいますが、講師が現地で工場視察LIVEをサポートします。遠方の企業さまの場合は、オンラインからサポートもいたします。

工場視察LIVE

体験会を行うごとに、ありがたいことに参加者からさまざまなフィードバックをいただきます。それらの改善を試みまして、今回は、質問も多く、ライブの良さを実感できました。

ホームページで見えないものは?

今回は機械設計会社さまにご参加いただきましたので、発注者目線で、どのような情報を知りたいかお聞きすると…

「機械が動いているのを見ても、良くわからないので、どう工場をマネジメントしていて、どう品質管理を行っているかなどを話して欲しい。ホームページでは分からないことを知るために現場に行くのだから。」とお話いただきました。

ナラハラオートテクニカルさんの工場はとても綺麗で、「床がピカピカですね」とチャットでコメントも出ていたのですが、特にそのことを意識してアピールしていませんでした。ここは、

「品質の担保は、日々の細かいことの改善や管理からということで、毎日○時から清掃の時間とし、整理・整頓もルール化しています」と言うと、「参加者が自然と気付く」状態から、「企業が積極的にPRする」ことに変わります。

そしてそのような管理体制は、ホームページでは見えてこないことなのでしょう。また次回の体験会で活かしたいと思います。

ちなみに、今回のUDトーク(日本語を英語字幕で表示するアプリ)の理解度は20%でした。(弊社 フィリピン人スタッフより)。このUDトーク、音声ではなく、文字入力を行うこともできます。今度は一度、話している横から文字入力をしてみる、のはどうかな?と思いました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。